【申し込み受付中】
HELLO! 山形の音楽家たち
【Vol.3 名手たちの木管五重奏 from山形交響楽団】

地元ゆかりのさまざまなジャンルの演奏家たちが日替わりで出演する、鑑賞無料の全3回のミニコンサートシリーズ。やまぎん県民ホールの大ホール2階ホワイエ(ロビー)を会場にして、音楽の秋にぴったりなひとときをお届けします。
<シリーズ他日程>
10/16(土)Vol.1 宇山基道のギター&ソング
10/17(日)Vol.2 横澤徹ジャズスプラッシュ

ミニコンサートシリーズ最終日を彩るのは、山形交響楽団の名手たちによる木管アンサンブル!
山形の音楽文化を牽引し続ける山形交響楽団。今回のミニコンサートでは、木管楽器の名手たちが特別ステージをお届けします。フルート、クラリネット、ホルン、オーボエ、ファゴットそれぞれの個性的な音色と音の重なりの美しさをご堪能ください。

公演時間45分程度のプログラムです。お気軽にお申し込みください。

★同日開催★
レセプショニスト体験講座
劇場やコンサートホールで受付や案内を行う専門スタッフのお仕事を知り、体験する講座です。
詳しくはこちら

概要
日程

2021年10月30日(土)

時間

1回目 13:00開演(12:30開場)
2回目 15:00開演(14:30開場)
公演時間各回45分程度

会場

大ホール2階ホワイエ(ロビー)

料金

鑑賞無料


※自由席
※事前申し込み制(先着)
※5歳以上入場可
※定員 各回70名
※定員に達し次第受付終了

出演

山形交響楽団メンバーによる木管五重奏

小松﨑恭子(フルート)
柴田祐太(オーボエ)
本田有里恵(クラリネット)
上野健(ファゴット)
梅島洸立(ホルン)

曲目

プーランク作曲「ノヴェレッテ」
ハイドン作曲「デイヴェルティメント」ほか

主催

山形県総合文化芸術館 指定管理者 みんぐるやまがた
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会

助成

文化庁 大規模かつ質の高い文化芸術活動を核としたアートキャラバン事業「JAPAN LIVE YELL project」

お申し込み

やまぎん県民ホール チケットデスク(10:00~19:00/休館日を除く)
電話:023-664-2204
窓口:ホール1階事務室
※休館日:毎週火曜(祝日の場合は直後の平日)

お申し込み開始日:2021年9月11日(土)10:00~

お問い合わせ

やまぎん県民ホールチケットデスク:023-664-2204(10:00~19:00/休館日を除く)

注意事項

※やむを得ない事情により、内容が変更になる場合がございます。
※公演の様子は後日オンラインでダイジェスト版の配信を行う予定です。
※貴重品等、盗難の責任は負いかねますので、各自管理をお願いいたします。
※お客様による録音・録画は固くお断りいたします。
※ご来館の際は感染症予防にご協力ください。詳しくはこちらをご覧ください。

プロフィール
山形交響楽団メンバーによる木管五重奏

小松﨑 恭子(フルート)
東京都出身。4歳よりピアノを、12歳よりフルートを始める。
桐朋学園大学音楽学部卒業。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。これまでにフルートを大見幸司、峰岸壮一、高野成之の各氏に師事。日本フルート協会主催「第33回フルート・デビューリサイタル」に出演。2008年、2009年、ピアノとのデュオリサイタルを開催。2013年より山形交響楽団フルート・ピッコロ奏者。オーケストラにとどまらず、ソロや室内楽など演奏活動は多岐にわたる。山形県立山形北高等学校音楽科非常勤講師、山形大学地域教育文化学部客員准教授。Albert Lottoの各氏に師事。

柴田 祐太(オーボエ)
13歳よりオーボエを始める。愛知県立芸術大学音楽学部卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修了。桐朋オーケストラアカデミー研修課程修了。第7回日本ジュニア管打楽器コンクールオーボエ部門高校生コース金賞(第1位)。ヤマハ新人演奏会に出演。これまでにオーボエを池田逸雄、寺島陽介、和久井仁、浦丈彦、小畑善昭の各氏に師事。現在、山形交響楽団首席オーボエ奏者。

本田 有里恵(クラリネット)
北海道遠軽町出身。9歳よりクラリネットを始め、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て、東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。これまでにクラリネットを藤井一男、村井祐児、三界秀実、山本正治の各氏に師事。P.メイエ、A.カルボナーレ、W.フックス、C.パレルモ、F.メローニ、P.モラゲスの各氏のマスタークラス等を受講。第6回日本ジュニア管打楽器コンクールクラリネット部門小中学生コース金賞(第1位)。第4回秋吉台音楽コンクールクラリネット部門第3位。その他多数入賞。これまでに客演奏者として全国各地のオーケストラの公演に参加。'17年にDACの若手演奏家リサイタルシリーズ『ホップ・ステップ』に出演。

上野 健(ファゴット)
京都市出身。京都市立堀川高等学校音楽科を経て、東京音楽大学を首席で卒業、卒業演奏会出演、同大学研究科修了。第2回津山国際音楽祭ダブルリードコンクール入賞、第5回摂津市リトル・カメリアコンクール奨励賞、第6回練馬文化センター新人演奏会オーディション管楽器部門最優秀賞、91年度東京文化会館新進演奏家デビューコンサート出演。第3回津山国際音楽祭ダブルリードコンクール第一位、優勝者披露演奏会で京都市交響楽団とモーツァルトのファゴット協奏曲を共演した。第8回宝塚ベガコンクール木管楽器部門第四位。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団を経て現在山形交響楽団首席奏者。ファゴットを仙崎和男、霧生吉秀、菅原眸の各氏に師事。

梅島 洸立(ホルン)
東京都出身。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。同大学大学院在籍中の2018年7月、岡山フィルハーモニック管弦楽団首席ホルン奏者に就任。2020年8月より、山形交響楽団首席ホルン奏者を務める。ニューヨーク SMF 音楽祭コンペティション2016にて3位 (歴代管楽器最高位)。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2018 in Tokyoにて1位。木管五重奏団 Quintetto REGALO メンバー。これまでにホルンを吉永雅人、伴野涼介、日髙剛の各氏に、室内楽を和久井仁、伊藤圭、Albert Lottoの各氏に師事。

山形交響楽団ホームページ