『蜘蛛巣城』

KAAT 神奈川芸術劇場プロデュース


日本映画の巨匠・黒澤明監督の傑作映画の舞台化。
本作は、"世界のクロサワ"と呼ばれ国内外の映画界に絶大な影響を与えた日本映画界の巨匠・黒澤明監督によって1957年に公開された映画作品です。シェイクスピアの四大悲劇の一つとして有名な『マクベス』を、黒澤監督が日本の戦国時代に翻案し、能楽・狂言の様式を応用した日本的で無常観に満ちた戦国スペクタクル作品として知られています。

演出を手がける赤堀は、人間の心の機微を独自の視点で描き、まるで実在する誰かの日常を覗き見しているようなリアルさと、どうしようもない人間の愛おしさを感じさせる作品を創りつづけています。『蜘蛛巣城』の根底には、自分の本分を忘れて欲に翻弄される人間の恐ろしさや愚かさといった普遍的なテーマが存在しますが、こういった人間心理は赤堀がこれまで手掛けてきた作品にも通じるものがあります。

「もし予言を信じずに生きていたら、どこにでもいる仕合せな夫婦だったかもしれない、それが身の程知らずの夢を見て、滅びていく夫婦を泥臭く、青臭く描きたい」
裏切りや疑心暗鬼、込み上げる欲望といった澱んだ感情も、常に何の変哲もない他愛のない日常の中にあるという想いや、武時や浅茅を取り巻く様々な人間たちにも光をあてて、新たな『蜘蛛巣城』を生み出します。

〈あらすじ〉
日本の戦国時代、天下統一の野望を抱いた者たちが群雄割拠の様相を呈した頃、蜘蛛巣城の城主・都築国春は味方の謀反により苦戦をしいられていた。一の砦の大将・鷲津武時と二の砦の大将・三木義明は隣国との激しい戦いの末、蜘蛛手の森の中をさまよっていると、二人は森に棲む謎の老婆と出会い、二人は予言めいたことを告げられる。武時には「今宵からはあなたは北の館のお殿様、やがては蜘蛛巣城のご城主様」、義明には「あなたのお子はやがて蜘蛛巣城のご城主様」。この予言を聞いてから武時とその妻・浅茅の運命は大きく変わり、予言に誘われるかのように動き出す――。

※開演時間、チケット料金、発売日、キャスト詳細決定(11月1日正午発表)

概要
日程
2023年3月30日(木)
時間
19:00開演(18:00開場)
会場
大ホール
料金
全席指定(税込)
SS席:8,500円
S席:7,500円
A席:6,500円
U-25チケット:5,000円
SS席ペアチケット:16,000円
※U-25チケットはA席エリアのみお取り扱い。鑑賞時に25歳以下の方対象。ご入場時に年齢確認のできる身分証をご提示いただく場合がございます。
※未就学児入場不可
原脚本
脚本
上演台本
演出
黒澤明 小國英雄 橋本忍 菊島隆三
齋藤雅文
齋藤雅文 赤堀雅秋
赤堀雅秋
出演
早乙女太一 倉科カナ
長塚圭史 中島歩 長田奈麻 山本浩司 水澤紳吾
西本竜樹 永岡佑 新名基浩 清水優 川畑和雄 新井郁 井上向日葵 小林諒音
相田真滉 松川大祐 村中龍人 荒井天吾・田中誠人(Wキャスト)
久保酎吉 赤堀雅秋 銀粉蝶
スタッフ
美術:杉山至
扮装:柘植伊佐夫
照明:杉本公亮
音響:鹿野英之
殺陣指導:渥美博
演出助手:相田剛志
舞台監督:足立充章
主催
共催
山形県総合文化芸術館 指定管理者 みんぐるやまがた
山形県
チケット取り扱い
〇やまぎん県民ホール チケットデスク 10:00~19:00
 休館日:毎週火曜(祝日の場合はその直後の平日)

 ・電話:023-664-2204
 ・窓口:ホール1階事務室
 ・インターネット

 ※チケットのご予約・受取方法等について詳しくはこちらをご覧ください
チケット発売日
みんぐるメンバーズ先行発売:2022年12月11日(日)10:00~12月17日(土)23:59
一般発売:2022年12月18日(日)10:00~ ※初日はインターネット・電話のみ
窓口販売:2022年12月19日(月)10:00~
お問い合わせ
やまぎん県民ホールチケットデスク:023-664-2204(休館日を除く10:00~19:00)
注意事項
・やむを得ない事情により、内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
・公演の中止を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
・ご来館の際は感染症予防にご協力ください。詳しくはこちらをご覧ください。

イベント開催時のチェックリストおよび感染防止策チェックリスト
プロフィール
齋藤雅文(脚本)

1954年生まれ。劇団新派文芸部に所属。主に大劇場での舞台監督、演出助手などを経て、1989年御園座『藤のおもかげ』で劇作を手掛ける。依頼、新橋演舞場でのミュージカル『狸御殿』『マリー・アントワネット』『忠臣蔵』『壬生義士伝』、日生劇場『カエサル』、劇団青年座『千里眼の女』など執筆。劇団では、江戸川乱歩原作より『黒蜥蜴』、河竹登志夫原作「作者の家」より『糸桜』の脚本演出を手掛ける。1994年新橋演舞場『恋ぶみ屋一葉』再々演において、第2回読売演劇大賞の最優秀作品賞。

赤堀雅秋(演出)

1971年生まれ。劇団THE SHAMPOO HATにて作・演出・俳優の三役をこなす。人間の機微を丁寧に紡ぎ、市井の人々を描くその独特な世界観は赤堀ワールドと称され、多くの支持を集めている。『一丁目ぞめき』にて岸田國士戯曲賞を受賞。劇作家・演出家としての主な作品に『白昼夢』(2021年 M&Oplays)、『神の子』(2019年コムレイドプロデュース)、『美しく青く』『世界』『大逆走』(シアターコクーン)など。2012年『その夜の侍』を映画化し監督・脚本をつとめ、モントリオール国際映画祭、ロンドン映画祭に正式出品され、新藤兼人賞金賞、横浜映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞。多彩な才能を発揮している。