【好評発売中】
東京バレエ団「くるみ割り人形」

今年のクリスマスは、マーシャと一緒に旅をしよう!
多彩な音色を紡ぎだす、チャイコフスキーの珠玉の音楽にのせたバレエ「くるみ割り人形」。この名作は、家族や友人たちで楽しむ年末の風物詩として世界中で親しまれています。
東京バレエ団は昨年、芸術監督 斎藤友佳理 総指揮のもと、この「くるみ割り人形」新制作に取り組み、大好評を得ました。バレエの本場ロシアでプロの劇場スタッフによって製作された美術は、〈クリスマスツリーの中に入り込んでしまった、マーシャの驚き〉という斎藤のコンセプトをみごとに実現。
そのキラキラした夢と幻想の世界で、東京バレエ団の粒ぞろいのダンサーたちが競う舞台を、お楽しみください!

※9月11日(金)チケット料金・座席表・出演者情報を更新しました。

インターネットでのチケットご予約、購入はこちら

※みんぐるメンバーズ会員登録(無料)が必要です

(C)Kiyonori Hasegawa

概要
日程

2020年12月19日(土)

時間

13:30開演(12:30開場)

会場
大ホール
料金

全席指定 S席9,000円 A席7,000円 B席5,000円 X席1,500円

【座席表】


※5歳以上入場可
※託児サービス(事前予約制)をご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
※25歳以下の方はS~B各席種50%割引。ご入場時に年齢確認のできる身分証をご提示いただく場合がございます。
※X席はやまぎん県民ホールチケットデスクのみ取り扱い。舞台が見えにくい場合がございますので、予めご了承ください。
※みんぐるメンバーズ先行発売ではX席の取り扱いはありません。
※感染症拡大の状況により、今後、収容人数が制限された場合は、座席数を制限して販売する可能性がございます。

演目

「くるみ割り人形」(全2幕)

 音楽:ピョートル・チャイコフスキー
 台本:マリウス・プティパ(E.T.Aホフマンの童話に基づく)
 改訂演出/振付:斎藤 友佳理(レフ・イワーノフ及びワシーリー・ワイノーネンに基づく)
 舞台美術:アンドレイ・ボイテンコ
 装置・衣裳コンセプト:ニコライ・フョードロフ
 装置:セルゲイ・グーセヴ、ナタリア・コズコ
 照明デザイン:アレクサンドル・ナウーモワ
 衣裳デザイン画制作:オリガ・コロステリョーワ
 衣裳技術:ユリヤ・ベルリャーエワ


クリスマス・イヴの夜、にぎやかなパーティも終わり、すべてが寝静まった少女マーシャの家の居間。夜の12時をしらせる時計の音とともに、とつぜんクリスマス・ツリーがぐんぐんと伸びて、マーシャは人形たちのふしぎな世界に迷いこみます。そこではじまった、人形の兵隊たちとねずみたちの戦争!勇敢に戦うくるみ割り人形の王子を危機から救ったマーシャは、王子からお礼として、美しい雪の世界や楽しいお菓子の国に招待されるのです。

出演

マーシャ:秋山 瑛
くるみ割り王子:宮川 新大
東京バレエ団 他


演奏:山形交響楽団(管弦楽)

主催        制作協力       後援

山形県総合文化芸術館オープニング事業等実行委員会
山形県総合文化芸術館 指定管理者 みんぐるやまがた  
山形県/さくらんぼテレビ

助成

https://yamagata-bunka.jp/event/images/02.png
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

チケット取り扱い

やまぎん県民ホール チケットデスク
10:00~19:00 休館日:毎週火曜(祝日の場合はその直後の平日)を除く
   
   電話:023-664-2204
   窓口:ホール1階事務室
   インターネット

   ※チケットのご予約・受取方法等について詳しくはこちらをご覧ください


チケットぴあ  https://t.pia.jp 0570-02-9999〔Pコード:503-020〕
e+(イープラス) https://eplus.jp

チケット発売日

[みんぐるメンバーズ先行発売]
  インターネットのみ:9月16日(水)10:00~9月18日(金)23:59
  
  ※みんぐるメンバーズ(無料)は当館ホームページからご入会いただけます。
  ※先行販売ではX席の取り扱いはありません。


[一般発売]
  電話・インターネット:9月19日(土)10:00~
  窓口:9月20日(日)10:00~

お問い合わせ

やまぎん県民ホール チケットデスク 023-664-2204 
受付時間 10:00~19:00 
休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその直後の平日)を除く

注意事項

※やむを得ない事情により、出演者が変更になる可能性がございますので、予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※ご来館の際は感染症予防にご協力ください。詳しくはこちらをご覧ください。

プロフィール
東京バレエ団

(C)Kiyonori Hasegawa

1964年に創設。創立以来一貫して、古典から現代作品まで幅広いレパートリーを誇り、なかでも現代バレエ界を代表する三大振付家──ベジャール、キリアン、ノイマイヤーが振付けたオリジナル作品は大きな成功を収めている。これまでに、34次775回の海外公演を行っており、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座をはじめヨーロッパの著名な歌劇場に数多く出演し“日本の生んだ世界のバレエ団”として国内外で高く評価されている。15年8月に斎藤友佳理が芸術監督に就任後、数々の新作、世界初演作を成功させ、19年10月には文化庁芸術祭の大賞を受賞した。

山形交響楽団

(C)Kazuhiko Suzuki